陽目の里周辺は祖母傾国定公園に指定されており豊かな自然環境の中、多くの動植物が人々と共生しています。こちらのページでは陽目の里周辺ににある観光地の一部や農村商社わかばが運営する道の駅を紹介しておりますので、楽しい思い出作りにお役立てください。

 ● 白水の滝

名水茶屋から川沿いの遊歩道をしばらく進むと白水の滝遊歩道案内図と登録記念物が建っています。そこから「白水の滝」(国の登録記念物、豊の国名水15選)までは少し狭く急な坂道や階段が続きますが、先には見事な名瀑が待っています(白水の滝までの大小様々な滝筋も必見です)尚、白水の滝遊歩道案内図より白水の滝までは足元が悪い箇所もありますので、ゆっくり気をつけてお進みください。名水茶屋~白水の滝(約700メートル徒歩25分)
住所:大分県竹田市荻町陽目

 ● 陽目渓谷展望所

陽目の里キャンピングパークからすぐの場所にあるのが陽目渓谷展望所になります。西側に広がる祖母山系の山々は大自然を実感できると同時に、夜になると星空が降り注ぐ景色はまるで宇宙に抱かれているようです。暗闇の中シカの鳴き声(女性の叫び声に似ています)が聞こえることがありますが、それもご愛嬌。陽目の自然を五感で感じれば良い思い出になること間違いなしです(笑)
住所:大分県竹田市荻町陽目
*名水茶屋より車で2~3分の距離です。

 ● 音無井路十二号分水(円形分水)

昭和9年完成の円形分水は十二号分水と呼ばれています。明治25年(1892)の通水時にはここから3線の水路が出ており、地域の組合員へ水を供給していましたが、幹線水路に導入される水の分配で組合員が互いに反目し合い争いが絶えなかったそうです。しかし円形分水完成後は、20の分水窓を作付け面積にあわせ、各水路に8窓、7窓、5窓を割り当て適正な分配ができるようになり、争いはなくなりました。
住所:大分県竹田市九重野百木
*名水茶屋より車で2~3分の距離です。

 ● 白水溜池堰堤(白水ダム)

白水ダムは竹田市と豊後大野市緒方町を流れる富士緒井路(ふじおいろ)の水量不足を解消するために設けられた堰堤です。1934年(昭和9年)4月に着工し、1938年(昭和13年)3月に竣工しました。研究者の間では日本一美しいダムと言われている白水ダムは1999年(平成11年)5月13日に白水溜池堰堤水利施設として国の重要文化財に指定されています。
住所:大分県竹田市荻町大字柏原

 ● 道の駅「すごう」

道の駅「すごう」は農村商社わかばが運営する道の駅です。県内で有数の農業地帯にある道の駅「すごう」では地元産の新鮮野菜を販売しており、夏季はすごう産のトウモロコシ(7月~8月中旬)をもとめて多くのお客様が訪れます。その他には、地元産の加工品や大分のお土産品を取り揃えております。また、からあげの丸福(おおいたB級グルメグランプリ受賞)も出店しております。
住所:大分県竹田市大字菅生989番地1
TEL : 0974-65-2211

photographs~夢中になる町taketa~

馬頭観音像 久住山 白水溜池堰堤(白水ダム) 天の川 ホタル 九州横断特急 神原渓谷 彼岸花 竹楽 九州横断特急その2 玉来駅 円形分水 陽目の里 円形分水 人道 長湯温泉